交通事故相談サポートの法律事務所一覧

トップ > コラム > 交通事故が得意な法律事務所のサポートで治療に専念

交通事故が得意な法律事務所のサポートで治療に専念

交通事故に遭うと、ケガや物損、仕事に行けず収入が減るなどいろいろな損害があります。
被害者は、これらの損害分の賠償金を相手に請求できます。実際にいくら賠償金を請求するかについては、加害者側との示談交渉で決定します。示談交渉では、加害者側からは保険会社の担当が交渉にあたります。保険会社は示談の仕組みに精通していますし、実際に賠償金を支払う立場にあるので示談金の額をなるべく抑えたいところです。そのため安く見積もった賠償金を提示してくることが考えられます。被害者は、相手の保険会社から提示される金額をしっかりチェックしないと損をしてしまいます。
しかし、保険会社から専門用語で交渉されると治療中ということもあってわずらわしさからすぐに合意してしまう被害者が多いのが現実です。
これでは被害者は損をしてしまうので、交通事故専門の法律事務所に相談して弁護士のサポートを受けるのが一番です。
示談交渉が得意な弁護士は被害者の味方として損のない賠償金を交渉してくれますし、法律相談をして弁護士に交渉を代行してもらうことで安心して治療にも専念することができます。


交通事故の慰謝料は法律事務所に相談で大幅増額可

交通事故の被害者は、ケガや物損、仕事ができず収入が減るといった損害に加えて精神的にも大変大きなダメージを受けます。
被害者は相手に対する損害賠償請求の中で、慰謝料という項目でこの精神的な苦痛に対しての賠償金を請求することができます。ここで、慰謝料には治療費や物損にはない特徴があります。それは、精神面のダメージという特質から実費が基本の治療費や物損とは異なり個人差という問題が発生することです。
そのため慰謝料については、事故ごとで格差や不公平感が出ないように計算基準を設けています。しかし、この基準はひとつではなく、自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準と3つありどの基準に基づくかで慰謝料の額は違ってきます。慰謝料が一番高く計算されるのは弁護士基準、安いのは自賠責基準です。
慰謝料など賠償金の額や内容は相手の保険会社との間で進める示談交渉で決定しますが、相手の保険会社は立場上賠償金額を安くしたいところなので安い基準で計算して慰謝料を提示される可能性があります。交通事故の慰謝料計算で損をしないためには、法律事務所に相談するのが一番です。
交通事故専門の法律事務所に相談することで高額な弁護士基準の慰謝料を交渉してもらえ、自賠責基準からすると大幅な増額が可能です。


交通事故後の法律事務所の迅速な対処

交通事故の発生した際には、法律事務所に弁護を依頼することで、迅速に対処することが普遍的なものとなっています。
事故後の対処が円滑に展開されることにも関わっており、事故の問題を解決する一助になっているのではないかと考えられています。全国の各地において、法律の事務所が関与しながら事故の円満な解決に導くための対処を、迅速に展開しているのではないかと推測されています。
ここ数年は、交通事故の際に法律事務所が解決をサポートする流れが本格的になっているとみられています。
そのため、この特徴が多岐にわたる方面で確認されるものとなり始めており、関心が抱かれていると言えるでしょう。交通事故後の処理をスムーズに展開するために、法律事務所がサポートする動きは、これからも活発に見受けられていくのではないかと予測がなされています。

▲ ページトップへ