交通事故相談サポートの法律事務所一覧

トップ > コラム > 交通事故における示談交渉

交通事故における示談交渉

 自動車を使用している以上、交通事故という不幸はなかなか避けることが出来ません。自分で起こした場合や相手にもらう場合など一言に交通事故と言いましても、様々なケースが存在しており、最終どのような手はずを踏んで示談交渉、解決へと向かっていくのか、自分なりに認識していないと思わぬ災難を受ける可能性も存在します。
 ここでは、簡単に分かり易く言いましょう。まず、自分が被害者になったケースです。特に、自分自身に全く過失がないケースは一体どうなるのか。


 保険加入していれば、保険を使えばいいと安易に考えがちですが、自分に過失がない場合、まず自分の保険は使用することは出来ません。加害者側が、良心的であり保険加入をしていれば、ほぼ何の問題もないでしょう。
 しかしながら、自動車を使用している方が、100%保険加入をしているかといいますと、答えはノーです。最悪なのは、加害者側が無保険であり、直接当事者同士で示談交渉をしなければならないケースです。
 先ほども言った通り、自身に過失がなければ、自分の保険会社は動いてくれません。当然、示談交渉もしてくれません。こうなってしまいますと、自身の時間も取られ精神的に苦痛を受けることもあります。この場合、自身を助けてくれるのは、唯一弁護士ということになります。
 ではどうすれば弁護士に相談を持ち掛け頼ることができるのか。自身の保険に弁護士特約を付けていれば、法律事務所、弁護士事務所の斡旋から、弁護士による示談解決に至るまで、全て弁護士に委ねることが可能です。


 弁護士特約は、保険の中でいわゆるオプションということになりますが、それほど高額なものではありません。自分自身を嫌事や苦痛から逃れる為のお守りとして考えるといいのではないでしょうか。
 また、自分が加害者側になった場合においても、相手の被害者が無理難題を突き付けてくる可能性も否定できません。自身の保険会社が当然この場合は解決に向けて動きますが、場合によっては弁護士に解決策を委ねるケースも大いにあります。
 自動車保険は、基本的に掛け捨ての保険であり、出来る限り保険料の出費を抑えたいのが本音でしょう。しかしながら、いざという時に、どれだけ自身にとって優位性があり活用性があるのかということを把握し、それに見合った内容をしっかりと確認しておくことが必要でしょう。
 これは、自分自身だけで出来ることではなく、いろいろな人の知識や見解を求めることも必要です。代理店との繋がりを強くしておくことも非常に大切です。

▲ ページトップへ