交通事故相談サポートの法律事務所一覧

トップ > コラム > 保険会社では無く弁護士に依頼する必要がある場合も

保険会社では無く弁護士に依頼する必要がある場合も

 交通事故を起こした時は、直ぐに警察に連絡をし、その後自分が加入している保険会社の方に連絡をするというのが一連の流れとなっています。
 しかし保険会社は加入者にも過失があるという時にしか動く事が出来ず、全く車を動かしていないという時等加入者に非が無い場合は示談交渉をする事が出来ません。その場合は自分で示談交渉したりする事になりますが、素人が行う事が出来る程簡単な物ではない場合も多くなっています。
 また抑々事故を起こしてしまった時は出来るだけ早く問題を解決したいと考えている人も多いので、自分で時間を掛けてゆっくり示談交渉をするのは嫌だという人もいます。そんな時にも便利なのが法律事務所の利用です。
 現在では全国各地に存在しており、様々な案件を取り使っていて、交通事故に関しても多く扱っています。


 法律事務所を利用する事によって、保険会社では対応しきれない所もカバーする事が出来るようになります。
 また、交通事故に関する案件も多数扱っているので、スピーディーに問題を解決する事も十分可能です。示談交渉も自分の代わりに行ってもらう事が出来るので、事故の後に相手やその代理人に会って交渉する必要性も一切ありません。
 また慰謝料の請求額等もより正しく算出してもらう事が出来るし、何より法的な知識を利用して問題を解決してくれるので、事故の相手側としても納得しやすい結果となる場合が多くなっています。勿論自分の側としても法的な根拠を提示してもらう事が出来るので、より納得しやすくなるというメリットがあります。


 ただ、弁護士事務所に依頼すれば良いと分かっていても、なかなか生活に密着した存在ではないので、どこに依頼すれば良いか分からないという事も決して珍しくありません。
 しかしこの場合でも、保険会社の方から紹介してもらう事も可能となっているので、弁護士は誰に依頼すれば良いか分からないという人でも何ら心配する必要はありません。
 また弁護士事務所に依頼する事になるとそれなりの費用が発生する事になりますが、保険会社の方の弁護士費用特約を付けておけば、相談・依頼した時の費用を保険で賄う事が出来るようにもなります。
 そのため、自分の収入や蓄えでは依頼するのが無理だからと言って諦める必要もなく、金額をそれ程気にする事無く納得のいく結果になるまで交渉してもらう事もできます。自動車保険の弁護士費用特約に関しては、各社で取扱が違うので、事前にどのようになっているかを調べてから加入しておきます。

▲ ページトップへ